第120回日商簿記検定【反省編】 会計大学院生、某S氏の公認会計士受験生活日記

会計士2010年合格を目指して受験勉強を頑張る、某会計大学院に通う学生の日記兼自己満ブログです。学部時代はしょうもない生活を送っていたので、修士課程では心機一転し、電卓打ちに精進したいと思います。

ホーム > スポンサー広告 > 第120回日商簿記検定【反省編】ホーム > 簿記検定1級【総合】 > 第120回日商簿記検定【反省編】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第120回日商簿記検定【反省編】

受験生の皆さんお疲れさんです。

結果の方はどうだったでしょうか?僕は再チャレンジになりそうです。

全体的な印象ですが、商工会議所アクティブすぎる!といった感じでしょうか?
いわゆる会計士の簿記の傾向に類似させる傾向がより濃厚になったように思えます。
格下の日商受験生にとっては少々とっつきにくい試験になったようです。


【商業簿記】
特殊商品売買に絡めた後T/B作成、P/Lの勘定いくつか。
予備校におきましては本支店会計が本命だったのですが、外れましたね。
商会共に連結はでませんでした。次回は連結が本命でしょう。
しかし特殊商品売買の問題記述が意味不明、いままでに無い形の問題、これにうまく適合することができなかったため大きく減点にあいました。
社債の支払い利息が前T/Bの値と異なっていたので気になる。未収収益を書く欄は無い。
さっそく新減価償却基準が出題される。定額法と償却率の関係がわからないためこれも微妙でした。
その他の論点は普通だったと思います。
商業簿記が足切にあってそうです。

【会計学】
理論は普通。
予備校の予想である事業分割が的中、ありがとうございました。
株主資本変動書。これも予備校の予想が的中しました。しかし大した対策もせず。
仕分けの内容が容易だったので問題は無し。
会計学はほぼ満点でしょう。

【工業簿記】
標準原価計算と差異分析。
なんとも確信のもてない問題。
特に感想は無し、ボーダー10点は超えてると思うので大丈夫でしょう。

【原価計算】
これは何?
操業度差異を売上原価に賦課させる、という指示によりその後の営業利益が変動するというのポイントでした。
この点には気づいたのですが、何しろ初見(受験生皆さんがそうでしょうが)でしたので、なかなかしっくりくる解答を出せることができず。
理論再登場です。今後のスタンダードになるのでしょう。
今後の受験は原価計算基準を一読することをオススメします。
とはいううものの選択式だったので問題ないでしょう。
原価計算もボーダーは越えていると思います。


こうしてみると商業簿記がどうにも痛すぎます。
自分自身の応用力の無さに涙が出ます。
基礎力あっての応用力です。基礎固めしなければ。
今後は2月の全経簿記上級を目指して、再度テキストと問題集の復習を一からやりたいと思います。

とりあえずは半年間お疲れ、自分!


ランキングに参加してみました、ポチッとお願いします!







結果は郵送しかないのですかね?

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

管理人:某S氏 性別:男

年齢:20代前半 職業:学生

趣味:読書、スタバ、合コン

資格:日商簿記2級、TOEIC720

座右の銘:ノブリス・オブリジェ

尊敬する人:勝間和代、大前研一

愛読書:山崎豊子、司馬遼太郎

 

突然ですが就職留年することを決意しました。今年一年有意義に時間を過ごしていこうと考えています。と思いきや、思い切って受験した某大学院の入試にまさかの合格、今春からは修士1年生として生活することになりました。臥薪嘗胆。

最近のトラックバック
Amazon.co.jp
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。