卒業しました。 会計大学院生、某S氏の公認会計士受験生活日記

会計士2010年合格を目指して受験勉強を頑張る、某会計大学院に通う学生の日記兼自己満ブログです。学部時代はしょうもない生活を送っていたので、修士課程では心機一転し、電卓打ちに精進したいと思います。

ホーム > スポンサー広告 > 卒業しました。ホーム > しょうもない日記 > 卒業しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

卒業しました。

こんばんは、某S氏です。先日、無事に大学を卒業することができました。

東京に出てきて、はや4年、あっという間の大学生活でした。

この4年間を振り返ってみると、ただ無念の一言につきます。

「自信を持って何かを成し遂げた」であったり、

「自分を成長させることができた」とは、全く思えません。

皮肉にも、大学に入りたいと必死で勉強した予備校時代の方が、

行きたかった大学での生活よりも、数倍有意義な時を過ごせました。

努力し、苦悩し、また努力する。その積み重ねによって達成感と幸福感を得る。

こんな単純明快かつ、とても大切なプロセスを、忘れていました。

このことは、就職活動を行っている時に、より痛感させられました。

まったく実の無い自己PRをすればするほど、むなしい気持ちになったことを覚えています。

もちろん、そんな面接を繰り返していても、うまくいくはずもありません。

『もう1年だけ頑張ってみて、努力することの大切さを思い出そう。』

そう考え、自分は就活を止め、会計の勉強を始めることにしました。

なぜ、会計にしたのかは、またあらためて書こうと思います。

幸運にも、大学院に合格することができ、会計士を目指すチャンスを得ることができました。

今後2年間、学部時代の反省を生かし、自分から苦悩の生活に飛び出していきたい。

その中で、努力し、努力し、努力する。

そして、ほんの小さな結果でも出すことができれば、と思います。

卒業というこの良い節目に、あらためて決意を述べてみました。

しかし、とりあえずは卒業することができて、本当によかったです。

自分を支えてくれたたくさんの人に、ありがとうを言おうと思います。

スポンサーサイト
[ 2009/03/28 00:18 ] しょうもない日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

管理人:某S氏 性別:男

年齢:20代前半 職業:学生

趣味:読書、スタバ、合コン

資格:日商簿記2級、TOEIC720

座右の銘:ノブリス・オブリジェ

尊敬する人:勝間和代、大前研一

愛読書:山崎豊子、司馬遼太郎

 

突然ですが就職留年することを決意しました。今年一年有意義に時間を過ごしていこうと考えています。と思いきや、思い切って受験した某大学院の入試にまさかの合格、今春からは修士1年生として生活することになりました。臥薪嘗胆。

最近のトラックバック
Amazon.co.jp
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。